IT初心者が優秀なITエンジニアになるために意識すべき3つのポイント | 株式会社ATSP(エィティエスピー) | 株式会社ATSP(エィティエスピー)

IT初心者が優秀なITエンジニアになるために意識すべき3つのポイント

IT初心者が優秀なITエンジニアになるために意識すべき3つのポイント

ITに興味はあるものの、エンジニアと聞くと、技術職だから初心者には無理といって自然と職業選択肢から外してしまっていませんか?

実はITエンジニアは、理系出身者や専門学校の卒業性だけではありません。

仕事に就いてからプログラムを勉強し、立派にITエンジニアとして職務をこなしている人も中にはいます。では、どのような人が優秀なITエンジニアと呼ばれるようになるのでしょうか?

そこで、優秀なエンジニアになるために意識すべき3つのポイントを紹介します。


まずは独学で学ぶことができるか

まず何よりも大切なことは、プログラミングが好きで新しい言語やフレームワークなどをどんどん自分で学ぶことができることです。

プログラミングに関する本は大変充実しています。また、動画でプログラミングを教えてくれるWebサイトや職業訓練校など学ぶ環境は十分に整っていますので、これらを利用し、独学で新しい技術を習得できることが日々変化するITの世界では、必要なスキルといえるでしょう。

プロジェクト全体を俯瞰的に見ることができるか

プログラミングをある程度学んだら、自分1人だけで何かシステムを作ってみましょう。1人でシステムを開発するには、設計からテストまで全てを1人で行う必要があります。

こういった経験を通じると、プロジェクト全体を俯瞰的に見つめられるようになり、実際にプロジェクトに割り当てられて仕事をする際に、仕事を能動的にすすめられるようになります。

「完結性」「明瞭性」「一般性」を意識したコードや仕様書が書けるか

大規模なシステムになると、複数人で開発するようになります。

その際に、自分にしかわからないコードや仕様書を書いてしまうと、作業効率が下がってしまいます。コードを書くときは、その意図がわかるように、短く明瞭に記述するようにしましょう。

また、メンテナンス性を上げるために、モジュールを分割することも大切です。代表的なMVCのようなアプリケーションアーキテクチャも学んでおくようにしましょう。


アプリやクラウドの技術が発達し、Webサービスが身近になった今、「プログラム未経験だけど、ITエンジニアとして働きたい。」と考える人が増えています。

確かに、プログラミング初心者は、はじめのうちは苦労するかもしれません。しかし、この3つの基本を意識して、1つ1つ努力を積み重ねることで、確実に優秀なエンジニアに近づくことができるのではないでしょうか。

同カテゴリーの記事